Home > スポンサー広告 >未分類 >モンハン狩りオフ会レポ

--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-04-30 Sat 17:02

モンハン狩りオフ会レポ

去る4/16(土)、秋葉原で開催された
ツイッター世界樹クラスタのモンハンオフに参加してきました!
今回は、そのオフレポをお届けしたいと思います。

続きからどうぞ~。
最初にサクッと参加者紹介から。

まずは主催・企画のたかたけさん。
今回のオフ会は、この人の「そろそろ皆で狩りに行こうぜ!」の一言から始まりました。
こういう集まりは、言いだしっぺが居るのがすっごく重要!

続いて

 地獄の下半神こと、yotaさん。
 青ソド大好きっ子のゆづきさん。
 一途に赤平さんへの愛を貫く暴君さん。
 擬人化ならまかせろー!なナダレさんさん。
 母の愛あふるる根菜こと、itooさん。

・・・実に統一感の無い紹介ですね。
パッと浮かんだ印象で書きましたが、勢いで適当に書くもんじゃないねー。
上記は、以前にもお会いした事のある方々です。

他には

 酒羅さん
 かねよんさん
 ホリケンさん
 とかげのしっぽさん
 坂井サチさん
 saiさん
 れもら乃輔さん
 テュカさん

こちらの方々はお会いした事なかったのですが
世界樹関連で創作をしていたり、ツイッターでフォローしていたりで
名前だけは知っているという方が多かったです。

そして、幹事のこの
・・・はい、何を血迷ったか、実は今回の集まり、私が幹事を務めておりました。
事前の打ち合わせの流れで何故かそうなっちゃったのです。世の中不思議がいっぱい。

とにかく、1次会の狩り会時点で参加者総勢15名! いきなりの大所帯です!



さて当日。
12:30の秋葉原駅電気街口集合に向けて家を出ます。
てくてくと移動しながらツイッターを確認。

おや、たかたけさんからダイレクトメッセージが1件。

 『今日の二次会、参加者の一人から参加できなくなったと連絡ありました。
  お店の予約、今からでも一人分キャンセルできますか?』


・・・なにー!?

このメッセージ、かなり早い時間に来ていたのに、すっかり見落としていました。
慌ててお店に電話するも、まだオープンしておらず、誰も電話にでんわ出ません。

キャンセルできたとしても、当日だと普通はキャンセル料をとられてしまいます。
それは出来れば避けたい。どうしたものかと無い知恵を絞ります・・・。

 ”一人減ったんなら、一人増やせばよくね?”

不意に思いつきました。そうです、世界樹クラスタには関東在住の方はいっぱいいます。
今からでも声をかければ、夕方の二次会に参加したい人を見つけられるのでは・・・?

早速ツイッターで事情を説明して参加希望者を募ります。
さて、参加希望者は見つかるか・・・。

 げんきさん『出来れば参加したいでゴワス 三(「・ω・)「』(ほぼ原文のまま)

あっさり見つかりました。よっしゃ、ソーナンスげんきさんゲットだぜ!
参加人数の件も解決して、安心して秋葉原に向かいます。

時間ちょっと前に着いて、たかたけさんと無事に合流。
途中参加の酒羅さんとれもら乃輔さんを除き、他の方々も続々と到着します。
残るはホリケンさんとかねよんさんのお2人になりました。

お2人の状況をツイッターで確認してみると、ホリケンさんは少し遅れそうとのつぶやきが。
そしてかねよんさんは・・・到着したものの、合流できなくて困ってるようです。

なにぶん初対面なので、何か目印が無いと合流も容易ではありません。
そこで、持ってきた「世界樹一次創作本」を目立つように持って改札口付近をうろうろします。

その時、ツイッター上でこんなやりとりがありました。

 赤鬼『今、同人誌持って秋葉原改札口付近を歩いてます。
    ここなら、こういう事しても恥ずかしくないですよね^^』
 フォロワーさん『いえ、それは恥ずかしいと思いますw』
 赤鬼『Σ』

秋葉原はコスプレした人が堂々と歩いてたりするイメージがあったから
これくらい大丈夫だと思ってたんや・・・。

とりあえずその辺を一周して戻って来たら、お2人とも既に合流済みでした。
あれ・・・? 無駄足・・・?



とにかく全員無事に合流できたので、狩りの会場である『秋葉原集会場』に向かいます。
歩きながら、お互い簡単に挨拶や自己紹介などを。10分もたたないうちに到着です。

店内には、ファーストフード店のように2人ずつ並んで向かい合うような配置の
4人掛けのテーブルが大量に並んでいます。
行く前は、雀卓みたいな配置を想像してましたが、ちょっと違ってました。
窓にきっちりカーテンがかかっていたのは、陽光対策でしょうか。

とりあえず13:00から4卓予約してあったので、各自適当に席について
たかたけさんの用意してきた自己紹介用の名札紙にHNを書きながら
同じ卓の人たちとギルカ交換をして、ぼちぼちと狩りの準備をします。

とりあえず、各自1つずつ希望のクエストに行き
大体1周したらテーブルのメンバーを交代、という流れを取る事になりました。



最初に私と同じ卓になったのは、たかたけさんと坂井サチさん。
たかたけさんは片手剣使い、坂井さんは太刀使い、どちらもHR6のベテランです。

まずは私の希望でイベクエの『名探偵コナン・連続狩猟事件』に挑みます。

前々から、ウチのオトモのコナン(性格:こざかしい、ブーメラン・大型一筋)に
オトモ用のコナン装備を作りたかったのですが、その為に何度も同じイベクエを
クリアするのが面倒だったので、この機会に手早くクリアしてしまおうって寸法です。

ここで私、いきなりやらかします。

まだ出発準備が完了していなかったたかたけさんを
うっかり置き去りにして狩りを開始してしまいました。

人と狩りに行くの慣れてなかったので間違えたのです。スミマセンでした・・・。

たかたけさんが笑って許してくれたので、結局坂井さんと二人で挑みます。
坂井さんの装備は可愛らしいウルクS一式と炎太刀。私はハンマー担いでいきました。

二人だけでの挑戦とはいえ、所詮は下位クエスト。
楽勝でクリアでき、私も坂井さんの華麗な太刀捌きを楽しむ余裕までありました。
お互い、ふっとばしふっとばされという場面も多くありましたがw

しかも、欲しかったクエスト報酬『少年探偵団の証』を一気に3つもゲット!
これで念願のオトモコナン装備一式が完成です! やったね!

続いて、たかたけさん希望のイベクエ『モンハン部・特選クエスト!』に挑戦する事に。

最小サイズのクルペッコが狩猟対象ですが
本命のターゲットは、そいつが呼び出す最大サイズのイビルジョーです。

なにを隠そう、私はまだイビルジョーを狩った事がありません。
慣れない相手と距離をとって立ち回れるようにと、今度はライトボウガンを担いでいきます。

クエスト開始後にクルペッコを見つけて、「ちっちぇえー!」
そいつが呼び出したイビルジョーを見て、「でけー!」とみんなの声が綺麗にそろいます。
結局私は、お2人の後ろからちょこちょこと弾と撃ってるだけでしたが無事に捕獲して
クエスト完了! 最大イビルジョーと最小クルペッコに金冠がつきました。

結局、よそのテーブルも区切りが良くなったようなので、ここで面子をシャッフル。

次に同じ卓になったのは、弓使いのゆづきさん(HR6)、ランサーのテュカさん(HR6)、
そして、途中参加で合流した、片手剣使いの酒羅さん(HR5)。

れもらさんもいらっしゃったけど、ゲーム中だったのであまりお構いできず。申し訳ない・・・。

まずは、ゆづきさんの希望で『その突撃は伊達じゃない』(ドスファンゴ2頭狩猟クエ)に挑む事に。
弓とは相性が悪いので、今までクリアしていなかったそうです。

これは特に問題もなく、5分もかからずクリア!
上位ハンター4人がかりだと流石に早いです。ほとんど一方的にフルボッコw

次に挑むは、酒羅さんの希望で『砂原で発生、風牙竜巻』(ベリオ亜種討伐)。
こちらも問題なくクリア!

酒羅さんはベリオ亜種は初挑戦だったらしいので
先輩風を吹かせて、相手の行動パターンについて、色々皆で解説しておりましたw

さて、次は私の希望の番。クルペッコ素材が欲しいと言ったら
「つい最近の配信で、クルペッコ狩猟がありましたよ」との指摘があり
じゃあ、それに行こうという事になりました。あれ、そのクエストって・・・。

というわけで、このメンバーでも最小ペッコ&最大ジョーさんを狩りに行く事に。
酒羅さんと私の2人は、対ジョーさんに関しては初心者です。大丈夫でしょうか。
以下、このクエスト中に起こった事をダイジェストでお送りします。

 ゆづきさんの状態異常攻撃で麻痺するジョーさん
 『今がチャンス!』と一気に殺到するみんな
 すかさず大タル爆弾Gをしかける酒羅さん
 それに気がつかずに攻撃を加えてしまう
 爆風でまとめて吹っ飛ぶみんな

・・・これが原因て訳でもないですが、結局3乙した上でクエスト失敗しました。
その内、2乙は私でした。足手まといってレベルじゃねーぞ!

その後、金冠を更新したいから、折角だし今のクエ、もう一度行こうという
テュカさんの申し出により、再度同じクエに挑む事に。うう、ありがとう・・・。

今度は皆、さっきより慎重に立ち回ったせいか、無事にクリアできました。
・・・なんか、ミスや苦労が多いクエストの方が語る事が多いよ!w

ここでまた、メンバーチェンジ。
今度は弓使いのとかげのしっぽさんと、ガンサーの暴君さん&ナダレさんとご一緒します。
みなさん、HRは6で自分の得物以外も多岐に使いこなせる強者達です。

 他の人「おや、赤鬼さんもHR6ですか。じゃあ、どんなクエストにも行けますね」
 赤鬼「上がりたてですけどねー(ふふふ、HR6の大連続狩猟クエでもどんと来いだぜ!)」
 他の人「「「じゃあ、(※)アルバ行きましょう!」」」
 赤鬼「( ゚Д゚)」

  ※:とっても強いモンスターです

え? アルバトリオン? 私まだ会った事すらありませんよ?
そこにいきなり連れて行くとか、この人たちマジで容赦ねぇ!

悩みましたが、高い位置にある翼を破壊する為にヘビィボウガンを担いでいく事に。
初対面の相手に担いでいくには不向きですが
「楽しんだもの勝ち。別にクエスト失敗しても構わない」という暖かい言葉もいただきました。

結局、初めて戦う相手にビクビクしながらも、慎重に立ち回ったおかげで
誰も力尽きず、全ての部位を破壊して撃破する事が出来ました。

しかも私は報酬として、レアアイテムを入手してしまいました!
とかげさんやナダレさんも、目的のものを入手してご満悦。
その一方で、暴君さんは欲しい素材が手に入らず、涙目になってましたw

そうして、難関クエストをクリア。次は流石にきっと易しいクエが・・・

 他の人「「「じゃあ、次はアマツ(※※)行きましょう!」」」
 赤鬼「( ゚Д゚)」

  ※※:やっぱりとっても強いモンスターです。

容赦の無さは変わりませんでした。今回も私は初挑戦の相手です。
今度はライトボウガンを担いで、クエスト開始。

慣れない私に周りからガンガン指示が飛び、必死にそれに着いていきます。
そうこうしている内に、とかげのしっぽさんが1乙します。
むむむ、上級者でも油断は出来ない・・・。これは気を抜いたらあっさり死ぬ!

そんなこんなをしていると、敵が何やらモーションの大きな予備動作を!
大技の前触れにうろたえる私に「危険だから赤鬼さんはモドリ玉で戻って!」と指示が。
慌ててベースキャンプに戻って、しばらく待機。

ふう、こんな状況でも敵と相対していられる皆は本当にすg

 『とかげのしっぽさんが力尽きました』
 『暴君さんが力尽きました』
 『クエストに失敗しました』

難関クエはやっぱり上級者でも、油断はできないという事なんですね・・・。

狩りが終わった後に、暴君さんが手塩にかけて育てたオトモの
「赤平さん」をいただきました。毒攻撃特化の子です。

 赤鬼「おお、さすが暴君さんちの子。見事な赤平さんですな!」
 暴君さん「ええ、でも渡したばっかりなのでなつき度0ですけどね」
 赤鬼「わあ、それは狩り中に毒を盛られそうですね!」
 暴君さん「はははは」
 赤鬼「はははは」

折角だからウチのコナンも渡しておけばよかったかとちょっと後悔。

ここいら辺で終了時刻の17:00近くになったので、慌てて他のテーブルを回って
まだギルカ交換をしてない人たちと、交換を済ませます。
結局、一緒に狩りに行けなかった人たちがちらほらと。

モンハンを初めて間もないitooさんは、引きづられるようにしてキークエに
連れて行かれ、最短距離で上位ハンターへと押し上げられていたそうです。見たかった・・・w

とりあえず、オフ会の集会所での狩り編はここまで。
アフター編は、またその内・・・・・・やるのかなぁ?

Comment

Comment Form

Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://akaoni2.blog87.fc2.com/tb.php/16-c32049e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

03 «
2018.04
» 05


123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。